欠損治療には様々な選択肢がございます。

他の歯に負担をかけないインプラント、
目立たない入れ歯など、
患者様のご希望に合わせて治療を行います。

歯を失ってしまった時の治療法には、インプラント・ブリッジ・入れ歯の3つがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

たろう歯科では、患者様にご満足頂ける治療を受けて頂くためにも、しっかりとそれぞれの特徴を説明して、患者様にご希望の治療法をお選び頂くようにしています。

なお、歯を失ってそのままにしておくと、残った歯の歯並びが悪くなっていきますので、必ず早めに治療を受けるようにしましょう。

歯を失った場合の治療法

入れ歯

入れ歯

ブリッジ

ブリッジ

インプラント

インプラント

部分入れ歯を固定する為に健康な歯に針金を引っ掛けます。

見た目にも審美性が悪く、引っ掛けている歯に負担がかかり、歯を弱らせる原因となります。

歯を削らずに済みます。

抜いた歯の周りの健康な歯を削って、かぶせ物を装着します。

咬む力がかかった時には周囲の歯にかかる負担が大きく、歯を弱らせる原因となります。

インプラントの場合、インプラントがズレたり、食べ物が内側に入って痛くなることがありません。

満足する噛み心地が得られるでしょう。

咬合力の違い

ブリッジや入れ歯では、ご飯を食べるときの「噛みごたえ」や「上手く噛める」といった歯の持つ機能が望みにくくなります。
これらの機能を人工の歯と根でつくるインプラント治療により、改善が可能となります。

他の歯に負担をかけないインプラント治療

天然歯と変わらない噛みごたえを実感できるインプラント治療

 

インプラントは、チタンでできた人工歯根を顎の骨に埋め込む治療法です(現在はチタンの上に取り付ける部品が、チタンゴールドと呼ばれる審美性が高く、固い素材でできているものもあります)。

インプラントで入れた歯は、他の歯に負担をかけることがなく、きれいでしっかりと噛める歯に仕上がります
また、ブリッジや入れ歯の自費診療と比べれば、金銭的負担もそこまで大きくは変わりません。そのため、全身疾患がなく、顎の骨が残っている方にとっては、一番お勧めの方法です。

ただし、治療をするにあたって、口腔外科処置が必要なため、治療期間が長く、恐怖心も抱きやすいというデメリットがあります。

また、自宅でのブラッシングがしっかりとできていない方は、歯周病になってしまうリスクが高いため、インプラントはお勧めできません。

骨が少ない方のインプラント治療前処置

歯周病で顎の骨が少なくなってしまった方へ

 

インプラント治療では人工歯根を骨に埋め込むため、骨が足りていないと治療を行うことができません。
ただし、たろう歯科では骨が足りない方でもインプラント治療を受けて頂けるよう、上顎洞と呼ばれる頬の空洞部分に移植骨を入れて骨を増やす「ソケットリフト法」や、骨が足りていない状態で人工歯根を埋め込み、移植骨と膜で覆うことで骨を補う「GBR法」を行っています。

とは言え、どんな状態でもこれらの方法でインプラントが可能になる訳ではありません。やはり、骨が小さくなってしまわないよう、歯周病治療をしっかりと行うことや、もし歯を失ってしまったらすぐに治療を受けることが重要です。

インプラント(かぶせ物)

 診断インプラント
1次オペ
インプラント
2次オペ
写真 診断 インプラント1次オペ インプラント2次オペ
内容 歯列模型・エックス線写真などで診断をします。 歯ぐきを開き、顎の骨にしっかり固定するようにインプラントを埋め込み歯ぐきを閉じます。 インプラントが骨と結合したら再度歯ぐきを開き、インプラントの頭を出します。
費用
(1本)
保険診療の範囲です。 ¥150,000/1本 or
+骨を作る方法 ¥200,000/1本
¥50,000/1本
備考 半年間有効
ケース(状態)によりCTエックス線が必要な場合があります。
5年補償
当日の予約変更・キャンセルはキャンセル料として50%いただきます。
当日の予約変更・キャンセルはキャンセル料として50%いただきます。
 アバットメントセラミック合計
写真 アパットメント セラミック  
内容 被せるのもを作製するための型取りを行います。
※土台は2種類あります。
セラミックの被せ物をインプラントに装着します。  
費用
(1本)
ゴールド ¥30,000/1本 or
チタン ¥50,000/1本
ジルコニア・クラウン
¥70,000/1本 or
ジルコニア・セラミック
¥110,000/1本
¥300,000~¥410,000
備考 5年補償
半年毎の健診をお願いしております。
5年補償
半年毎の健診をお願いしております。
支払いは処置毎にお願いしております。

ブリッジ

一部保険適用が可能な治療法

 

ブリッジは、歯を失ったところの両側に生えている歯を少し削り、橋を渡すように人工歯を取り付ける治療法です。

例えば2本の歯で3本分の歯にかかる力を支えることになるため、残った歯には大きな負担がかかることになります。
また、ブリッジの真下にある骨には力が加わっていないため、少しずつ吸収されて小さくなってしまいます。一方で、保険が適用されるブリッジがあることや、入れ歯と比べると比較的噛みやすいことはメリットです。

素材ジルコニアセラミッククラウンブリッジジルコニア・ブリッジ
写真ジルコニアセラミッククラウンブリッジジルコニア・ブリッジ
特徴 ジルコニアとセラミック使用で、光の透過性に優れ、より天然歯に近く美しい仕上がりです。強度・耐腐食性に優れ、金属アレルギーの方にも安心です。 金属よりも強く、重さは金属の1/3と軽くて、自然なしなやかさを持っています。生体親和性に優れ、金属アレルギーに方にも安心です。
審美
耐久
費用 ¥110,000×本数 ¥70,000×本数
保障 5年 5年
 自由診療
素材 ジルコニア・クラウン ジルコニア・エナメル ジルコニア・ポーセレン
写真 ジルコニアセラミッククラウンブリッジ ジルコニア・ブリッジ ブリッジ
特徴 歯を削る量が少なくて済みます。審美性・耐久性・生体親和性に優れていますが、細かな色調を希望する方には適しておりません。 全く金属を使わない為、天然歯に近く大変きれいです。ジルコニアにエナメルセラミックを焼き付けます。金属アレルギーの方にも安心して選んでいただけます。 高品質で高強度かつ審美性に優れたオールセラミッククラウンです。食器で有名な「ノリタケチャイナ」と同じセラミックを使用しております。もっとも天然歯に近く、色調にこだわられる方に最適です。
審美
耐久
費用 ¥65,000×本数 ¥90,000×本数 ¥110,000×本数
補償 5年 5年 5年

入れ歯

金属を使用しない入れ歯もあります

 

入れ歯は、インプラントやブリッジと違い取り外し可能ですので、丸ごと洗うことができます。
ただし、お口の中の違和感、話しにくさ、食べにくさ、そして目立つといった点で気になる方も少なくありません。

現在は、金属のバネがついていないため口を開けても目立たない「ノンクラスプデンチャー」や、土台が金属でできているため薄くて食事の熱も通しやすい「金属床デンチャー」があり、たろう歯科では患者様にできるだけ快適に入れ歯をお使い頂けるよう、相談をしながら最も良い入れ歯を提案させて頂くようにしています。

様々な入れ歯

 保険適用自由診療
素材 プラスチック 金属床 エステショット
写真 プラスチック 金属床 エステショット
特徴

保険が適用になります。

部分義歯は、針金のばねを使用し、総義歯は全部プラスチックのため、少し厚みが必要になります。

金属の材料を使用しています。

破損しにくく、味や熱が伝わりやすいです。

食べ物が入れ歯に挟まる事が少なく、薄く・軽い素材。とてもフィットします。金属のばねが無く、笑顔になっても口元は美しいままで、金属アレルギーの方にも最適です。違和感も軽減します。
審美 ○  ◎
耐久
費用 ¥5,000~
(失った歯の数によります)
部分義歯
¥200,000~¥250,000
総義歯
¥300,000
片側・・・¥100,000
両側・・・¥200,000
補償 6ヶ月 2年 2年

入れ歯の補償について

1年以内

100%たろう歯科負担で行います。

1~2年以内

80%たろう歯科負担で行います。

2年以上

患者様の100%負担とさせていただきます。

補償の為の条件

  • 「たろう歯科」において装着した入れ歯に限らせていただきます。
  • 必ず最低でも半年に1回のメンテナンスにいらして下さい。 メンテナンスに応じていただけなかった期間がありますと、補償しかねますので予めご了承ください。
  • 故意による破損は対象外とさせていただきます。
  • 現在健康な歯が将来的にむし歯や歯周病になった場合、今回作らせていただいた入れ歯を作り直さなければならない場合があります。その場合は補償の対象外とさせていただきます。
たろう歯科ブログ たろう歯科の紹介 美しい口元 歯を失った方 詰め物・被せ物 歯周病治療 子供の矯正治療 求人のお知らせ