子供の歯並び矯正治療

私たちが矯正治療をおすすめする理由、それは…
“大切なお子様の将来の笑顔のため”
ただそれだけです。

成長期は、身体も心も発育途中にあるため、良い方向にも悪い方向にも変化していきます。その中でも、発育に合わせて顎を広げておくことは、将来歯並びを良くし、歯の健康を維持していくためにとても重要です。

見た目もきれいで、機能もしっかりしている歯にするために、成長期にしかできないことをしっかりとやっておくようにしましょう。

たろう歯科では歯を抜かずに矯正する床矯正を行います

健康な歯を抜かずに行える子供の歯並び矯正

 

たろう歯科は、お子様の歯並びが悪くなる原因を早く見つけて解消してあげるのが大事だと考えています。そのために行っているのが、「床矯正」と呼ばれる矯正治療です。

これは、主に顎の成長を助けるための治療ですが、歯も少し動かすことができます。

また、この時期にお口の周りの筋肉を正しく発育させることに繋がるため、舌で前歯を押して出っ歯になる、口が開けっぱなしになる、食事の時に口唇をうまく使えないといったリスクを防ぐことにもなります。

よく噛むことでどんないいことがあるかわかりますか?

1顎の骨と周りの筋肉の成長を促進させることができ、結果いいお顔を作れます

2だ液が出やすくなるので、むし歯になりにくくなります。また、食べ物の消化や栄養の吸収を助けることができます。

3噛むことにより脳が刺激され活性化します。それにより、記憶力や集中力、判断力が増し、勉強やスポーツを頑張ることができます

しかし、現代の子供達は甘いモノや柔らかい物を好んで食べるため、噛む回数が少なく、顎がしっかりと発達しないというのが現状です。
そのため、最近の子供は小顔の子が多く、そのほとんどの子が歯並びが乱れ、噛み合わせが悪く、よく物を噛めないというのがほとんどです。

また、歯並びの悪さには、遺伝や悪い癖、むし歯などが大きな影響をあたえますが、今の時期から適切な対応を行えば諦める必要は全くありません。

お子様の歯並びと口元をすぐにチェックしてみましょう

  • 1.歯がデコボコに並んでいる。
  • 2.歯の後ろから別の歯が生えてきている。
  • 3.上の歯が前に出できた。(出っ歯)
  • 4.下の歯が前に出てきた。(受け口)
  • 5.肉を噛み切ることができない。食事に時間がかかる。
  • 6.話し方が舌足らずのようで、言葉がはっきりしない。
  • 7.物を食べる時「クチャクチャ」と音がする。
  • 8.指しゃぶりをする。唇や爪をかむ。頬杖をついている。

床矯正の主なメリット

  • 将来、歯がきれいに並ぶためのスペースを確保できる。
  • 歯並びを悪くする様々な癖を予防できる。
  • 歯を抜かずに動かすだけで歯並びをきれいにすることができ、矯正治療期間も短くなる。
  • 比較的治療費が安く済む。
  • 取り外しができる。
  • 成長期に治療するので、バランスの良い顔になる。

そして、床矯正治療を成功させるには、ご両親とお子様の協力なしではできません。

1.歯並びや顔の育成に悪影響をおよぼす癖を直す。
2.食事の工夫。
3.咀嚼の訓練を継続させる。
4.矯正装置を毎日装着させる。

これらのことをお子様自身に自覚させるためには、ご両親の協力が必要不可欠です。
初めの頃は、大変に感じるかもしれませんが、何事も継続が大切です。


大切なお子様の将来ため、いい結果を得られるため頑張りましょう

床矯正の進め方

1カウンセリング

床矯正を行うにあたり、お口の状態や使用する上での注意点など詳しくご説明いたします。
身体全体の健康状態や不正咬合の程度、遺伝や顎関節症の有無など、お子様や保護者の方に問診を行いお口の中の状態をチェックします。

お子様の口腔内の状態によってはブラッシング指導やむし歯の治療を優先させていただく場合がございます。

2写真・レントゲン撮影

お口の状態を写真とレントゲンで確認し、記録を取ります。

レントゲン写真や骨格の写真、歯の模型などこれらの資料を分析した結果から、お子様の歯並びや顎の形態の改善に最も適した治療方法を決定します。

3お口の型どり

治療方針が決まりましたら、上あごと下あごの歯型をそれぞれ取り、お子様専用の床矯正装置を作製いたします。

床矯正装置は約2週間程度で出来上がります。

4床矯正装置の装着

床矯正を装着し、微調整をおこないお口の中と合わせます。
使用方法を説明し、装着の練習やブラッシング指導を行います。

5定期検診

歯並びの変化をチェックし、歯の生えかわりにがある場合には、定期的に調整を行います。

子供の矯正 床矯正(しょうきょうせい)

 拡大床
素材 床(ピンクのプラスチック)・拡大ねじ・唇側線(ワイヤー)・クラスプ(維持装置)
写真 床(ピンクのプラスチック)・拡大ねじ・唇側線(ワイヤー)・クラスプ(維持装置)
特徴 床矯正装置は、入れ歯のように取り外しできることが最大の特徴です。
・歯を抜かない
・顎を広げる事ができる
・痛くなく歯を動かせる
・費用が安くすむ
・見た目が悪くない
・むし歯になりにくい
などなど、数々の利点を有しています。

お口の状態により通常1~4個の床矯正装置を使用して矯正します。
床矯正装置の適応は4歳~12歳位です。
費用 ¥60,000
1装置の金額です。新しい装置の作成時には同様の金額がかかります。
 保定床
素材 床(ピンクのプラスチック)・唇側線(ワイヤー)
写真 床(ピンクのプラスチック)・拡大ねじ・唇側線(ワイヤー)・クラスプ(維持装置)
特徴 保定床は、矯正装置をはずした後に、移動した歯が元の位置に戻ろうとする「後戻り」を防止するために使用する、「歯を動かさないための装置」です。

永久歯の位置が落ち着いてくるまで、定期的な観察をしながら、徐々に、保定床を外す時間を増やしていきます。
費用 ¥30,000

 

装置を紛失の際には、同様の金額がかかります。
装置の保管は専用のケースに入れるようお願いします。
装置が壊れたときは、修理致しますので来院してください。つけたままでも問題なければいつも通り装着しておいて下さい。

たろう歯科ブログ たろう歯科の紹介 美しい口元 歯を失った方 詰め物・被せ物 歯周病治療 子供の矯正治療 求人のお知らせ